ゆとり初代がゆく英語学習の旅

30歳からの英語学習、ワーホリ失敗談、田舎暮らし、趣味などについて書いていきます。

コロコロ変わる心境の変化

どうも!!秋なのに全く実りが無いゆとり初代のヒデです。

 

月って綺麗なんですね。

 

夜仕事をやってなかったら絶対に気づかなかったし、感じなかったですね。

 

気温も下がってきて全くもってモチベーションが上がらない日々ですが、そんな中でも心境の変化があります。

 

ワーホリメーカーさんの多くは、海外移住とか英語習得を目的にしているので、俺みたいに年齢がギリギリだとまとめてビザを取得している人がほとんどです。

 

もちろん、俺はそんな確固たる高い志は無いのでまとめてビザを取るなんて考えて居ませんでした。

 

そして、カナダで知ったワーホリ又は留学で日本人に人気の都市は特に英語話せなくてもなんとかなると言う事。

 

次にオーストラリアを選んでいるのも、ビザの取得が簡単な事もありますが、有名都市に行けば英語話せなくてもなんとかなるだろうと言う思いもあります。(オーストラリアという国には全く興味はありません)

 

なので次に行く国はオーストラリアと豪語していましたが、最近はイギリスに行きたいと言う思いが強くなって来ました。

 

理由は、世界陸上の舞台だった事と、佳子さまがイギリスに留学されたことでテレビでイギリスについての特集が多くなった事。

 

それで、大袈裟に報道する日本のメディアとも相まって、今まで全く興味がなかったイギリスという国に興味が湧いて来ました。

 

正直、「今どこにいるの?」って聞かれた時に「シドニー」って言うより「ロンドン」って言う方が、何かお洒落だしカッコイイと言う完全な外面目当てです。

 

今考えると、最初に勤めた会社にイギリスの案件があったり、何かと縁がある国だとも思うのです。

 

イギリスもオーストラリアも最大2年の滞在ができるのが最も魅力の一つでしょう。(オーストラリアは条件アリ)

 

ただ、イギリスのワーホリビザは年間1000人までという狭き門。当然、大人気な国なので当選する確率はカープのCSシリーズのチケットより低いでしょう。

 

なので、今後は2018年のイギリスワーホリビザに申し込んで、ダメならオーストラリアという感じで動いて行こうかと思います。

 

女追っかけて行くとかバカですからね。はい。。。

 

でも俺は今も昔もアメリカと言う国に憧れていることは変わりません。

 

これからはブリティッシュ英語になるのでなんだかな〜と思いますが、それはそれで楽しめたらなと思います。

 

 

 

 

話は変わりますが、今月の給料で目標だった貯金が3桁になりました!!

 

英語が堪能なワーホリメーカーさんからすれば、今すぐ海外行けよって感じですね。。。

 

カナダで食以外にお金をかけなかった事もあり、帰国して保険のキャッシュバックなどもあって予想していた以上に口座に残ってました。

 

俺の性格上、お金があったら現地で働かないので、これはフィリピン留学の費用として当てる予定です。

 

フィリピンでリッチな日本人を装います。

 

待ってろゴーゴーバー!!

 

それではまた!!