ゆとり初代がゆく英語学習の旅

30歳からの英語学習、ワーホリ失敗談、田舎暮らし、趣味などについて書いていきます。

重い腰をちょっとだけあげてみました

どうも!!偏差値32のゆとり初代のヒデです。

 

ニュースでも取り上げられていますが、ロンブーの淳が青学を受験するそうですね。

 

淳とは同郷の山口県で、学校は違いますが同じ県内の工業高校出身なので、学歴コンプレックスはとても共感できます。

 

俺はコンプレックスの塊なんでね。

 

ちなみに淳の母校、下関中央工業は偏差値32らしいです。だから俺もその程度の偏差値でしょう。(一応、クラス順位は一桁に入ってました)

 

海外にワーホリに行くとやっぱり大卒が多いわけですよ。語学学校行くと男のほとんどは現役大学生なわけですよ。

 

「2流、3流なんで全然ダメですよ〜」とは言っているものの、なんだかんだで受験勉強を経験しているので確実に俺より学はあるわけです。

 

俺は家庭の事情と、もう勉強はしたくない思いで、高校の時に就職を選択しました。

 

そしてカナダに行く前は一度も思った事は無いのですが、現役大学生や大卒の人達に触れて、俺も大学行ってみたいと思うようになりました。

 

でも、今さら勉強は嫌ですけどね。

 

ただ、高卒からすれば大卒という肩書きは喉から手が出るほど欲しいです。

 

 

 

さー、今日はついに俺のセカンドワーホリについての進展です。

 

提携している各国で一度きりのワーホリビザ。

 

取得できるのは年齢的に今年が最後なので、実質次の国がラストワーホリ。

 

先日、現在トロントでワーホリ中の友人Tさんから、オーストラリアにワーホリ行くならビザ取得にあたって必要な書類があるのでエージェントを通して早めに取得しておいた方が良いとの連絡がありました。

 

彼はファーストワーホリでオーストラリアを経験したのち、セカンドワーホリでカナダに来ていたので情報はかなり信用できるもの。

 

がしかし、俺がオーストラリアに行く理由でもあるトロントで惚れてしまった女性の友人Eさんは、2時間程度でカナダからビザ取れたと言うのです。(彼女の英語力はアドバンスレベル)

 

帰国前、友人Eさんから社交辞令の誕生日おめでとうのメッセージが来たので、返信ついでに次のワーホリに備えて早期帰国する事を伝えました。

 

この時点で、俺が次のワーホリに行く可能性は正直10%程度でした。

 

後日、帰国前にご飯でも行こうとなり、久しぶりの再会となり話が弾む中で友人Eさんがオーストラリアのビザを誕生日の前日ギリギリに取得した事を知りました。

 

そして、友人Eさんの誕生日が俺の2日後だった事も知りました。

 

友人Eさんは年齢的にビザが取れる最後の年だったので、つまり俺が次のワーホリ行くと伝えた次の日にビザを取得したわけです。

 

もし俺が次のワーホリ行くと伝えなかったらどうなっていたと思います??

 

①言われなくても申請していた。

②俺が行くって知らなかったら申請していない。

 

偏差値32程度のバカがこの方程式を解くと、、、

 

③ヒデが行くから私も行く。

 

と言う答えが導き出されます。(こういう時だけポジティブな発想ができる俺。)

 

この時点で、オーストラリアに行く可能性は120%まで跳ね上がりました。

 

ちなみに、ご飯の時にアシストにと呼んだ最初に登場した友人T。俺の生活を知っていたこともあり、アシストどころか爆弾をどんどん投下してくれました。

 

彼は三代先まで呪ってやります。

 

まー楽しかったんで良しとしますがね。。。

 

かなり脱線しましたが、友人Tさんが心配していたのはオーストラリアのワーホリビザ取得に必要な健康診断書。

 

もし必要になったら色々と面倒なので早く申請した方が良いとのこと。

 

彼がビザを申し込んだ時は必要だったらしいので、申し込み方法が変更されている可能性も十分あるので、重い腰をちょっとだけ上げて調べてみました。

 

結果的にどうやら、申し込みの際の質問事項に該当する人だけが健康診断書の提出を求められるらしいです。

 

俺が該当する項目はのは、「過去5年間のうちに日本以外の国に3ヶ月以上滞在したことがあるかどうか」でした。

 

もちろんYESです。

 

東南アジアなどの治安や衛生面の悪い国に滞在していると提出を求められるらしいですが、どうやらカナダやアメリカなどは大丈夫とのこと。(絶対では無いらしい)

 

友人Eさんが申し込みだけでビザが取れたのは納得。

 

結局、二人の言い分は正しいと言う結果に。

 

強いて言えば、提出を求められた友人Tさんはオーストラリア政府に怪しまれたと言うこと。(オーストラリア政府の目は素晴らしい)

 

フィリピンやフィジーに3ヶ月以上留学予定の人も、留学前に申し込んでおけばOKとのことでした。

 

31歳までまだ余裕があるので、予定どうり滞在期間を伸ばすためにギリギリで申し込もうと思います。

 

しかし、オーストラリアビザに必要なのはAS$440。

 

日本円で約38000円なり。

 

うーん、高い!!

 

バイト代ブッ飛びますやん。

 

でも、ちゃんと取得して行きます!!

 

俺を突き動かすものは、、、

 

勘違いと下心!!

 

それではまた!!